厳選おすすめ記事!(´っ・ω・)っ
スポンサーリンク
厳選おすすめ記事!(´っ・ω・)っ
よく使われる用語解説
□トメ -  配偶者の母、姑(しゅうとめ)
□コトメ - 配偶者の姉妹、小姑(こじゅうとめ)
□ウト -  配偶者の父、舅(しゅうと)
□コウト - 配偶者の兄弟、小舅(こじゅうと)
□ウトメ - 配偶者の両親、(ウト+トメ)
□エネ夫 - 妻の味方をせず苦しめる夫 、敵
□DQN - 非常識な迷惑行動をとる人達、ヤンキー
スポンサーリンク

コロッケに何もかけずに食べる人に対する義弟嫁の対応がねちっこすぎて正気の沙汰じゃない・・・

654: 2016/05/20(金) 14:08:53.09 0

義実家で夕飯を頂いた時のこと
義母お手製のコロッケがどっさり出てきた
ソースやしょうゆ、ポン酢をかける人がいる中で一人だけそのまま食べた人がいた
それを見た義弟嫁が
「コロッケに何にもかけないの?普通かけるよ?
醤油かけたら?ソースは?かけなよ、絶対美味しいから!どーしてかけないの?」
とねちっこく絡んだ
義弟が止めてその場は収まったけどその後もずっと
「何かかけた方が美味しいのに、なんでわかんないんだろ、あ、また何もかけないで食べた」
と独り言をブツブツ言っていた

その他にも義母がエプロンをしないでキッチンに立つと
「お母さん、これ忘れた!ちゃんとつけて」とエプロンを渡したり
皆で出かける予定もきっちり決めないと気が済まないし
予定が変わると「どうして?」を連発

一度病院に連れて行けと周囲に言われても個性だと言い張る義弟も含めて疎遠にしたい

本日のピックアップ |ω・)ノ
~ここから記事の続き~

655: 2016/05/20(金) 14:35:49.58 0
コロッケにポン酢かけるんだ。
初耳。味が濃くなるのが嫌で何もかけないけどポン酢
ならあっさりしてそう。

 

656: 2016/05/20(金) 14:49:08.15 0
>>654
自分の常識は世界の常識と言わんばかりだね
コロッケなら「何もかけない派」がいたっていいよね
でも、義弟君はその義弟嫁さんと暮らしてても疲れないんだね

 

657: 2016/05/20(金) 15:36:23.43 0
>>654
アスペなんじゃね?

 

658: 2016/05/20(金) 17:07:21.74 0
>>654
アスペ風味の大人の発達障害じゃない。
納得いかないと何で?を繰り返す友達もそうだったよ。
個性の範疇。本人が生きづらくなれけばね。

 

659: 2016/05/20(金) 17:14:32.73 0

義弟夫婦の披露宴の時もテーブルスピーチがあったんだけど
あらかじめ決めてた人ではない人(ややこしくてごめん)がスピーチしてくれたら
それが我慢できなかったと披露宴後半はずっと泣いてた
この時点でみんなおかしいと思ってたけど
義弟嫁実家は「こだわりの人だから」としか言わないし
義弟も筋の通ったところが好きなんだとか言い出す
個性の範疇と思って付き合い方を考えようと思う

>>655
義父がポン酢男なんだよね
義父お手製のコロッケにはおろしポン酢が鉄板らしい

 

660: 2016/05/20(金) 17:19:36.20 0
コロッケは基本なにもかけずに食べるけど不味いコロッケにはソースをかけて食べる

 

661: 2016/05/20(金) 17:28:28.80 0
>>659
赤ちゃんにも幼児にも予定なんて無意味だし。もし子供ができたら大変だろうね…

 

662: 2016/05/20(金) 18:03:34.93 0
一休さんのどちて坊や思い出したわ
子供が生まれたら子供にもなんで?なんで?ってやるのかな
生まれた子供が義弟嫁似で、Wなんで攻撃が繰り出される可能性もあるね

 

664: 2016/05/20(金) 19:10:44.07 0
義弟はただのアホでしょ
理解とは違う

 

668: 2016/05/20(金) 20:17:34.99 0
>>659
「こだわり」って、要注意用語だよなあ。

 

670: 2016/05/20(金) 20:50:24.82 0
こだわりと執着は似て非なるもの

 

672: 2016/05/20(金) 20:58:58.45 0
654のエピソードはさすがに常軌を逸してるもんね
この人も治療できればマシになるのかもしれない

 

引用元: http://2chspa.com/thread/live/1462177782

この記事へのコメント

  1. 名無しの読者さん より:

    揚げたてコロッケは何もかけない方が好き。かける人に強要しようとは思わない。

おすすめ記事
スポンサーリンク
注目記事
今話題の記事
タイトルとURLをコピーしました