寝たきりの祖父の世話をする祖母。目をぱっちり開けた祖父に好物を食べさせようとしたのだが…


952: 2012/03/13(火) 19:03:31.36 0

祖父母は、孫の私から見ても仲の良い夫婦だった。特に祖父が、天然風味の祖母にベタ惚れ。
明治生まれのかくしゃくたる厳しさを持ちながらも、祖母をいつもエスコートしていた。



そんな祖父が寝たきりになった時、祖母はいつも、隣に寄り添って話しかけていた。
祖父はもう言葉もわからくなっており、自宅で寝たまま、死を待つばかりだったんだけどね。

ある朝、いつものように「おじいさん、おはよう。今日は良い天気だよ~」と話しかける祖母。
その瞬間、目を開いた祖父。いつもの眠たいような目ではなく、ぱっちりと。
「あら、おじいさん!今日は気分が良いんだね?良かったね~!プリン食べるよね?」
と、ハイカラな祖父が大好きなプリンを、口を開かせせっせと食べさせる祖母。
…が、なにかおかしい。飲み込まない?と不安になった祖母、息子(私の父)を呼んでみた。
「おじいさんがプリン食べないんだけど…」と、言われ、「どれ?」と父親の様子を見た息子、仰天。

「おばあちゃん!おじいちゃんは気分が良いんじゃない! 瞳 孔 開 い て る !!」

それから一気に修羅場。必死に胸を押す父と息を吹き込む祖母。主治医に電話する母。
身内がやる人工呼吸って、辛いらしいね。諦めるタイミングとを図るのがね。
どんなにもうダメだと思っても、永遠に続けたくなるらしいね。両親と祖母が言ってた。
主治医が来るまで粘った3人は「あれほど辛いことはなかった」と、話していたよ。

お通夜の時、その悲しい話を黙って聞いていた我が姉がひとこと。
「う~ん、でもさ。誰が一番修羅場だったって、実は、祖父なんじゃない?」
………確かに!!瞳孔が開いていたから意識も苦痛もなかったと思うけど、
いまわの際に、愛妻から口にプリン突っ込まれたおじいちゃんが一番の修羅場だ!!
もうね、そう思うと、94歳での文句が付けようのない大往生だったこともあり、
家族全員で泣きながら大笑いをしてしまったよ。「おじいちゃん、お疲れ様!」って。
祖母も笑ってた。顔を涙でクシャクシャにして「私ったらねぇ…」と。
でも、そんな祖母が好きだったんだ、祖父は。いつも笑っていたんだ、愛おしそうに。

…祖父が亡くなって早10年。実家では、祖父の仏壇にプリンだけは供えませんw

 

953: 2012/03/13(火) 19:10:44.98 0
あ、10年じゃなかった。私が中学の時だからもう20年以上前になるのか…。
早いなぁ…。もう、祖父の大好物だったプリン、解禁しても良いかなw

 

958: 2012/03/13(火) 19:37:41.91 0
>>953
可愛くて素敵なおばあちゃんだ。おじいちゃんも素敵だったんだろうね。

 

954: 2012/03/13(火) 19:13:05.84 0
おじいちゃんプリン大好きだったんでしょ。
意識なかったんだし、味わったりはできなかったにしても、最後に、
大好きなおばあちゃんから、大好きなプリン食べさせてもらって
幸せだったんじゃないかなー。
プリンお供えしてもいいと思うよ。

 

955: 2012/03/13(火) 19:17:46.26 0
>>954
ありがとう。なんか涙出て来たw
今度実家に帰ったらお供えするね~!!

 

956: 2012/03/13(火) 19:21:08.04 0
泣けてきちゃった
素敵な夫婦だったんだね

 

957: 2012/03/13(火) 19:27:25.08 0
泣けてきた。私達もそんな夫婦になりたいです

 

引用元: http://2chspa.com/thread/live/1330760186

コメント


タイトルとURLをコピーしました